アラサー女子が考えなくてはいけない将来

2017/06/26         

  後悔した事も含め、自分自身のアラサー時代を振り返って今アラサー世代にいる方に考えて欲しいなぁって事があります。アラサー世代といえば人生の岐路に立たされている年代ではないでしょうか。仕事上ではある程度の立場を与えられたり、仕事をしている自分に充実感を実感したり、自立できる収入もそこそこあったり...。又、プライベートにおいては10代20代とは違った大人のおしゃれや遊び方など...。一方、結婚を考え...

『愛してる』の一言にはとても重みがある

2017/06/25         

 先日、小林真央さんが逝去されました。真央さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。小林真央さんが旅立つ直前に残した言葉が『愛してる』だったそうです。真央さんの場合、この”愛してる”には沢山の愛が込められているのだと思います。ご主人の海老蔵さんはもちろんの事、幼い我が子や姉の麻耶さん、ご両親...。私の勝手な思いですが、きっと周りの愛する全ての人に残した言葉が『愛してる』だったのかなぁと感じています...

恋愛の寿命は3年、でも別れたくないなら意識して欲しい事!

2017/06/24         

 PEA(フェニールエチルアミン)というのは脳内物質の一種です。よく”恋愛ホルモン”と言われてますが寿命は18ヶ月~3年です。交際、あるいは結婚後3年・4年で別れるカップルが多いのはこの影響だとも言われています。そこで、PEAの期限切れ以降、いかに恋愛あるいは結婚生活を維持していくかを考える為、他の2つの分泌物を紹介致します。難しい部分は省いて、男女に関する部分だけを簡単に表記させて頂きます。■PEA(フ...

似た者同士の二人でも違った部分がある方が良い

2017/06/23         

  よく”似た者夫婦”だとか”似た者同士のカップル”なんて表現があるけど余りに似過ぎると喧嘩も勃発しやすいです。何故なら、同じ要因に対し、同じ理由で腹を立て同じ様に怒っているので対立し易いのです。恋愛当初は意気投合し易くまるで運命の人かの様に錯覚するものですが時日が経つにつれ飽きてしまう場合が多い様です。何故なのか、相手に対しての新しい発見がみられず一緒に居て落ち着くものの相手の事が分かり過ぎ...

苦しい状況の彼!あなたは愛し続け苦楽を共に生きますか

2017/06/22         

人生には楽しい時もあれば苦しく辛い時期もあります。楽しい時期を共に過ごすのは愛情に関係なく楽しいものです。でも苦しく辛い時期を共に過ごす事はかなり厳しい現実です。状況によっては逃げ出してしまいたくなる人もいるでしょう。よく芸能界で苦労の下積み時代を支えてくれた女性と結婚したと話題になる事がありますが、そんな話題は良い結果に出たからこそ話題になります。でも現実は良くなるか悲劇になるか全く未知の世界で...

仕事が先か、恋愛が先か

2017/06/21         

  よく言われるのが男性は仕事が上手くいくと恋愛に余裕が持てる。一方、女性は恋愛が上手くいくと仕事も順調だと。しかし、現代社会では女性も男性と肩を並べて仕事をする時代。そんな中で仕事が先か恋愛が先かという事は男女に限らず、疑問の一つです。仕事が先か、恋愛が先か優先順位をどちらに置くのか?本当は、その人のその時の状況で変化するものなのでどっちなんて決められないのが現実だと思います。時間が無い...

会えない時間が恋愛感情を深くする

2017/06/20         

愛する彼とは毎日会いたいと思いますよね。毎日会っていながらでも帰る時には寂しくなります。でも、月日が経つにつれて一緒に居る事が当たり前のようになってしまいます。そうなった時、いつも新鮮な気持ちでいられるかというとやはりそんな訳にはいきません。”慣れ”たるものは怖いもので緊張感や鮮度が怠ってしまいます。相手の存在が当たり前になってしまう前にお互いの距離をとり、会えない時間も必要です。会えない時間は寂し...

若さだけが価値じゃない、女性は上手に年を重ねて格好良く生きよう

2017/06/19         

  世間でよく言われる事の中に、”女性に年齢を尋ねるのは失礼”又、男性よりも女性がそれを主張する場合が多いものです。何故なんですか?生きている限り皆、年を重ねていくのは当たり前。それが現実です。それなのに何故年齢を隠そうとするのですか?年齢を告げた時に『えっ!そんな年なんだ』  『それにしては老けてる』って言われたり思われれるのが嫌だから?要するに聞く側も、聞かれる側も実年齢より老けて見えた...

彼や夫に浮気をされて怒る女性と泣く女性の違い

2017/06/18         

彼や夫が浮気した時、怒る女性と泣く女性の二手に分かれる様です。怒る女性は、彼との関係に自信を持っている。鼻高々の自信ではなく、信じている事から生まれています。だから一時の浮気であって男なんてそういう生き物だと事前の覚悟を持っています。反対に浮気を知って悲しんで泣く女性は自分の立場に自信が無く不安だから。やっぱり私なんか本当に好きじゃなかったんだ、他に好きな人が出来たんだ...etcそんな事が頭をよぎり悲...

男と女は結婚して夫婦になっても男と女であり続けるべき

2017/06/17         

  結婚して安心と油断が大きいのは男性より女性です。でも、結婚したからと女性であることを忘れてはいけない。よく耳にする男性の言葉で『結婚前と結婚してからでは大違い』と、奥さんの事を表現します。何が大違いなのか?勿論人によって感じ方は様々ですが例えば、体型ですね。スマートなはずが太ってしまってそれに対しての言い訳が子供を産んでから。いつもオシャレだったはずが毎日スッピン!常に気遣いを持ってくれて...

嫉妬の原因は二つ!

2017/06/16         

 恋愛中に嫉妬はつきものかも知れません。でも嫉妬の多くは自分の妄想から生まれて自分が勝手にに大きく育ててしまいます。嫉妬する自分を好きだという人はまずいないと思いますがでは、なぜ嫉妬するのでしょうか?あえて特定するなら答えは二つ。一つは自分に自信がないから。なぜ自分に自身を持てないのか?全く次元の違う事ですが学生時代の受験を思い出してみて下さい。受験当日はとてつもない不安があったと思います。何...

嫉妬で壊れる愛もあれば確実な愛になる事もある

2017/06/15         

恋愛中に限らず人間に嫉妬はつきもの。嫉妬はあって当然、でも無ければそれに越した事は無い。とは言っても特に恋愛中はその嫉妬に襲われるもの。例えば、彼が自分の知らない女と親しげに話して笑っている姿を見た時、逆に彼女が自分の知らない男と親しげにしているのを見た時、気になるならすぐに聞きましょう。聞かないで勝手な想像をするのは自分にとっても相手にとってもストレスを持つだけです。聞いてみれば”なんだ、そうだ...

結婚しても女としての意識を忘れてはいけない

2017/06/14         

  結婚しても女としての意識を忘れてはいけないのは夫婦円満、家族円満の為。現実の問題としてよくあるのが結婚して月日が経つと夫婦は男と女という意識が薄れます。もちろん、恋愛時代と結婚生活とでは環境が違うから仕方ないと思うでしょう。しかし、夫と妻であっても男と女には変わりありません。なのに何故、恋愛時代の二人とは違う状況になるのでしょうか?それには、子供が生まれ父親・母親になるからと言われています...

恋愛にも休日が必要です

2017/06/13         

  恋愛当初は特に毎日でも会いたくなるものですね。実際、毎日会っているカップルも多いかと思います。でも、働く人に休日があるように恋愛にも休日は必要なんです。会えない時があるから、次に会った時に嬉しさが倍増します。人間の持続力、持久力というのには限界があります。ずっと同じことを続けていると飽きてしまったり、疲れてしまったり...etc恋愛も例外ではありません。例えば働くという事では普通、週に1日や2...

恋愛中の妄想は不安を募らせ苦しむだけ

2017/06/12         

女性は感情で物事を判断する傾向にあります。恋愛中は特に、彼を好きになればなる程理性を失い、感情的になりやすいものです。例えば連絡が無いだけで浮気をしているのではないか?とか誕生日を忘れられ、本当に愛してくれているんだろうか?とか色々な事をネガティブな方向で妄想してしまいます。そして彼に対しての不安が大きくなり不安が不満を抱きます。その結果、自分自身が苦しむ事になってしまいます。いわゆる負のサイクル...

女性は不倫相手に家の鍵を渡さない方がいい

2017/06/11         

 不倫している関係で彼女から家の鍵を受け取った男性も居るでしょう。しかし、実際にその鍵を使った事のある人は意外と少ないです。何故なのか、1)彼女と一緒に帰宅するので自分が持っている鍵を使う必要がない。2)照れくささから使いにくい。3)自分の家ではないので使いづらい(遠慮がある)。その他にも諸事情たるものがあるようですが自分の家ではないので使いづらいというのは彼女は愛人であって、家族ではないとい...

妻のプライド!(夫に対するプライド編)

2017/06/10         

 妻のプライドって一体何なんでしょうか? ある女性が夫の不倫で弁護士に相談した際に、『妻としてのプライドを持って下さい!』と言われたらしいです。しかし、不倫をされた時点で妻のプライドは消滅したようなもの。だって自分が妻としての防備・主張が砕かれたのだから...。勝手な言い分ですが、不倫をされた時点から妻のプライドではなく女としてのプライドではないかと思います。きっかけはどうあれ、夫が妻以外の女性を...

愛情の押し売りは相手に嫌われるだけ、見返りを期待してはいけない。

2017/06/09         

  愛情を押し売りする女性は自己満足にすぎない。”こんなにしてあげているのに””こんなに愛しているのに”それって、自分自身に見返りを期待しているって事かも。そんな風に思われるのは男性にとっては苦痛で鬱陶しいものです。当然、男性は好きな相手に尽くして欲しいものですが過度に尽くされると重たく感じ尽くされる的がずれていると呆れます。男性にとっては単なるお節介かもしれません。ただ、厄介な事に押し売りをして...

40代になると気づく老化、つい何かを足して誤魔化してしまいがち

2017/06/08         

40代になると突然それまでとは違う自分に気付く事ってないですか?残念なことに気付くのはマイナスな自分。脚が短くなった?いいえ、ヒップが下がったから、胸が小さくなった?いいえ、胸筋の緩み、顔が大きくなった?いいえ表情筋の衰え、全て細胞の老化です。細胞が生きている証拠ではありますが、やっぱり老けていくのは嫌なもの。だから年齢より若くいようとする努力が大切。自分に合った化粧品を研究したり、エステに行ってみ...

不倫を全面的に否定しないで!

2017/06/07         

 不倫に対する勝手なボヤキです。 世間では必ずと言っていい程、不倫する人は悪者です。既婚者の立場だと良くない事かもしれませんが、既婚男性と不倫している独身女性からすると”私だけが悪いのかっ!!”と叫びたい時もある。既婚者だと知った上で好きになる女性ばかりじゃない。既婚者だと知らずに、”好きになった相手が結婚していただけ!””出会うのが遅かっただけ”という出会いが不倫になっちゃう事もあるんです。そんな時...