FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

亭主関白な男は妻のおかげ

2017/ 10/ 31
                 
8f4c7062d0ed6cbbfa9e3c9ea01a78cd_t.jpg  
亭主関白ってどんな男性をイメージしますか?

・家では自分が一番偉いと思っている
・家事に関する事は一切しない
・縦のものを横にもしない
・家族は皆、自分に従うべき
・男尊女卑な考え方
               etc...

言い出したらきりがない程、沢山の事を思い浮べるでしょう。

そんな亭主関白の男性に対して女性の思いや考えは二通り。

亭主関白な男性を好む女性

・男らしくて格好良い
・頼りがいがある
等と、亭主関白に肯定的。

一方、亭主関白な男性を敬遠する女性

・男尊女卑なんて時代錯誤
・家族であれ一人の人間としての意思がある為、全ては従えない
等と、亭主関白に否定的。


そもそも亭主関白な男性は、自分は強い・偉い・存在感があると
自負している事でしょうが、それは間違いだと思います。

亭主関白な男性がそんな風に過ごせるのは、がそうさせてあげて
いる
だけの事。

本当の意味での亭主関白は、偉そうにしなくても家族が自ずと家長
である夫や父親に従うものですし、尊敬もします。又そんな男性は
男尊女卑の考えを主張しません。

要するに亭主関白と豪語する男性は単なる我儘ではないでしょうか。

自分の思い通りにならないと気が済まず、自分の事を一番に考えて
くれないと嫌。
結局は一人では頼りない男らしい男ではない事が多いものです。

まるで聞き分けの無い子供と同じではないでしょうか。

ですが、そんな亭主関白の男性が多く存在するのは、全てが上手に
操作しているんです。の掌で上手に転がされているのではないかと
思います。

賢い女性は子供の前では父親を立て、人前では男として旦那を立てる。
その陰ではである自分が犠牲になる事もあります。

結局、殆どの亭主関白は自力では無く、ありきの亭主関白なんです。
”夫と”という立場でありながらも実質は”子と母”の様な立場。

そんな男性を受け入れられるかどうかはお互いの相性や考え方が大きく
左右するのではないかと思います。

恋愛時代は愛しているから大丈夫、むしろ男らしくて頼もしい彼だから
と思えるでしょうが、結婚して毎日の事となるとどこまで受け入れられ
るのか、慎重に考える大切なこと
だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。