FC2ブログ

Article

        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

褒めてくれない、労ってくれない不満

2018/ 02/ 10
                 
9737cdfe8cf1dc75460b33ffe6664e82_t.jpg  
女性の不満の中で、男性が褒めてくれない・労ってくれない
などという不満を耳にする事が多くあります。

特に結婚してからは料理の味に対しても美味しいねぇなどの
一言も無い。

手の込んだ料理を作ってもただ淡々と食べるだけ。

同僚や友人を家に連れて来て、精一杯もてなしたにも拘らず
労いの言葉すらない。

毎日お料理して、掃除して、洗濯してアイロンかけて...。

何もかも当たり前の様に受け止めている男性に対して、不満
がつのる女性が多々います。

確かに人は皆、誰かに褒められたり、労ってもらう事に喜び
を感じるものです。

殆どの人が幼い頃からそんな風に育ってきたと思います。

言い換えれば頑張った時に褒められたり、労ってもらう事が
当たり前の様に生きてきている中で、愛する男性がそれをして
くれない事に腹立たしくなり不満が募るのでしょう。

ただ、そんな事に腹立たしく思うなら、逆を考えてみて下さい。
貴方は彼やご主人を褒めていますか?

仕事で大変な時や、疲れているにも拘らず休日を家族の為にと
過ごしてくれた時、労う言葉を口にしていますか?

要するに、自分は相手に対して褒めたり労ったっりする事など
無いのに、自分は褒めてもらいたいし、労ってもらいたいなんて
ただの我儘に過ぎません。

ましてや結婚してからの家事などは、相手に見返りを求めてする
事ではないのです。自分自身の為です。

しっかり家事をこなすことで、ご主人は勿論のこと、周囲の人達は
出来た妻・いい女という好評価をするはずです。

それが言葉として貴方に伝わるかどうかは別にして、必ず評価
されます。

結果としては褒められたり、労ってもらっているという事です。

自分だけが損をしているかのような負の気持ちを持つ前に、まず
相手を褒めたり労ったりする事を意識しましょう。

そしてパートナーからに直接の誉め言葉や労いがなくても、必ず
誰かに評価されている事に気付きましょう。

そして全ての人が思った事を言葉にする訳ではありません。

思ってはいても言葉に出来ない、そんな相手を選んだのは自分
自身であるという事を念頭に置くと、意外に諦められるものです。

思っている事を素直に言葉として表現出来ない男性を選んだのなら、
貴方から褒めたり労ったりして、言葉にする事の有意義さを実感
してもらいましょう。

お互いの気持ちは言葉にしないと分からないものですが、言葉が
なくても悟らなきゃいけない時もあるんですよね...。
関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。